これからの通販の可能性

これまで普通に買い物をしてきたのが今となってはインターネットを開けばすぐに欲しいものが見つけられるようになっています。

思えば何か物を買う時はお店に行かなければならないのが1つのハードルでした。

そのハードルが無駄遣いを防止していたのですが、いまは、ボタン一つで買い物が完結してしまうので本来必要ないものまで買ってしまうようになっている気がします。

スマホのゲームに課金することのなどその最たるものではないでしょうか?

ゲームを進めるうちに高い壁にぶつかりそのままやると途方もない時間を浪費することが予想されるがここで課金していいアイテムを手に入れればすぐに次のステージに進むことが出来る。

これは実際にやってみないとわからないとおもいますが、今その時欲しいものが目の前に現れると人間というのはいともたやすく手を伸ばしてしまう生き物なのです。

あとになってよくよく考えれば分かることなのですが、その時はそうは思えないんですね。

こういうところが通販の怖いところでもありますが、使い方さえ間違わなければこれほど便利なものはないでしょう。

変わる買い物の形態

買い物といえば現代社会の置いて必至のスキルですが

その形態も変わってきているのをご存知でしょうか。

そう、ネットを使っての買い物へと変化しているのです。

今までの買い物といえば、お店に生き、商品を探し出し、レジまで持っていって、お金を支払い、品物を受け取り、自宅に持ち帰る。

というのが買い物の流れでした。

しかし、インターネットが登場してからは買い物の仕方が大きく変化してきました。

お店にいく代わりにインターネットを開き、商品を探す代わりに目当てのページを開き、レジまで持っていく代わりに注文ボタンを一回押して、お金を払う代わりにクレジットカードの番号を入力して、品物を買ったら後は自宅に配送してもらうだけです。

どうですか、大分形態が変化してきたとおもいませんか?

通販の利便性について思うこと

自分が初めて買い物をした時のことを覚えている人はいるでしょうか?

私が覚えている一番古い記憶は、お菓子を買う時です。

その時の感情はイマイチ覚えていませんが、その時の風景ならば思い出せます。

親とよく行っていたスーパーで私は欲しいお菓子を選び、それを買って欲しいと親にねだっていました。

いいよと言われた私は嬉しくおもいレジに並んだのでした。

今思い出せば、それほど高い買い物ではなかったのですが。

子供の時の買い物というのはワクワクするものなんですね。

それが初めて私が買い物をした時の記憶です。

買い物というのは現代社会において生きていく上で必須の行動です。

昔ならば、狩りに行ったり、果実をとったりして食料を調達していましたが、今となっては全く違う行為となりますた。

ネットスーパー

ネットスーパー(和製語、由来はnet + supermarket)とは、既存のスーパーマーケットや店舗を持たない宅配専門の業者がインターネットで注文を受け付けて、既存店舗から主に個人宅まで注文商品を即日配達する宅配サービスのこと。既存のスーパーマーケットから日用品(消費物)や食料品が宅配される

既存のスーパーマーケット数社がインターネットで注文を受け付けて、生鮮食品などの商品を個人宅まで配送するサービスを始めている。商品の取り扱い品目は店舗同様に多種・多様であり、野菜などの生鮮食品から日用雑貨、肌着、家電の一部まで即日配達されている。

有機野菜などの安心・安全な食品を専門的に取り扱うネットスーパーでは、消費者の注文を受けてから商品の調達を独自で行うため、注文から配達までに1週間前後かかる。

また消費者が自ら重量物を運ぶ必要がなくなることから、高齢化社会の進展と共に、将来的に大きな広がりが期待される商形態である。老人福祉施設からの利用も増加している。

「巣ごもり消費」や新型インフルエンザの流行を背景に急拡大しており、店舗販売が縮小する一方、ネットスーパーは2ケタの成長が続き既存店舗の売上にとって代わる勢いとなっている

しかし、黒字店はごくわずかで、各社とも利益が出ていないのが現状である。

公益社団法人 日本通信販売協会

公益社団法人 日本通信販売協会(にほんつうしんはんばいきょうかい)は、特定商取引に関する法律(昭和51年6月4日法律第57号)第30条の規定により、民法(明治29年4月27日法律第89号)34条に基づいて設立された社団法人通信販売を行う企業(正会員)489社と通販関連企業(賛助会員)206社の計695社が加入している。(平成27年12月15日現在)

実演販売

(じつえんはんばい)は、街頭や店頭で巧みな口上を操りながら、往来の前で実際に商品を扱い、性能を説明しながら販売する形態のことを指す。主に、各メーカーから派遣された社員が行うケースと、この販売を専門としている者(実演販売人ともいう)が行うものある。

起源としては平安時代に遡るといわれ、口上で物を売ると言う形態が確立されてきたのは室町時代からとされており、主に薬や化粧品を扱っていた。江戸時代に入るとガマの油などが登場し、明治時代になるとバナナの叩き売りなどの露天商が知られるようになった。その後、活動の場は神社の境内などで販売を行う的屋から、聖地と呼ばれた秋葉原の屋外販売へと移って行く。そして1960年代から百貨店やデパートで販売を行うようになり、1970年代になるとアキハバラデパートの実演売り場が本格化する。1980年代にはラジオショッピングテレビショッピングで販促するプロとして登場・出演する機会が増え、ヒット商品を多数生み出したことにより存在が広く認知されることとなる。2000年代にはCATVやBS当の多チャンネル化に伴い、24時間型のショッピングチャンネルが登場したこともあり、その活動は多岐にわたっている。

電子消費者契約

電子消費者契約及び電子承諾通知に関する民法の特例に関する法律(でんししょうひしゃけいやくおよびでんししょうだくつうちにかんするみんぽうのとくれいにかんするほうりつ、平成13年6月29日法律第95号)は、電子消費者契約に要素の錯誤があった場合と、電子承諾通知を発した場合について、民法の特例を定める法律である。

消費者と事業者との間で、「電磁的方法により」、「電子計算機の映像面」を介して締結される契約であって、画面に従って消費者が電子計算機を用いて申し込み又は承諾の意思表示をするもの。典型例として、消費者が、通販サイトの画面に従って住所やクレジットカードなどの情報を入力して、商品購入の申込みを行う場合などである。ここで言う「消費者」、「事業者」とは、それぞれ契約の当事者となる個人である[1]。両者の相違点は、「事業として又は事業のために契約の当事者となる場合」であるか否かである。また、「事業者」にはその委託を受けた者を含む。消費者が、ある事業者のサイトを見て購入を決意し、事業者に「商品を購入したい」という電子メールを送った後、事業者から返信があったので、それに従い購入した場合は、申込みを電子メールで行なっており、その事業者の電子消費者契約のための画面に従ったのではないから、電子消費者契約ではない。

買い物難民

買い物難民(かいものなんみん)とは、従来型の商店街や駅前スーパーといった店舗が閉店することで、その地域の住民が生活用品などの購入に困るという社会問題、またはその被害を受けた人々を指す言葉。「難民」という言葉に対して買い物弱者という言葉を使うケースもある(主に行政機関の公式サイト公文書などで使われることが多い。

 

商店街中核店舗・大型施設の喪失
  • 集客要因となる施設の建て替えによる(下記の理由も絡む)移転・郊外化。
    • 不況や採算悪化、経営戦略上の統廃合、その他の理由による大規模店(スーパー、百貨店など)や地元スーパー店舗の撤退。
    • 近隣にある公共施設、病院などの郊外化。などが挙げられる。

大規模店進出に関して中小・個人商店への保護を図った[3]大規模小売店舗法2000年6月に廃止された。全国商店街振興組合連合会(全振連)に加盟する商店街の店舗数は、2009年平成21年)3月末で11万0,961店となり、最盛時の1997年(平成9年)に比べて約4万2,000店、商店街数自体も400か所近く減少しており、商店街の「シャッター通り」化や、なじみの店の消失は、高齢者などの軽自動車を持たない交通弱者に特に影響を与えている

最初の通信販売

ウェールズの事業家プライス・プライス・ジョーンズ英語版は、1861年にはじめて近代的な通信販売を開始した[3][4]。彼はウェールズのニュータウン市にある呉服屋に弟子入りし、1856年に事業を引き継いだ後、ロイヤル・ウェールズ・ウェアハウスと改称し、ウェールズ・フランネルを販売した。

1840年には、ユニフォームペニー郵便が設立され、ニュータウンへの鉄道網も拡張された、それらは小さな農村の企業を結果的に世界的な名声を持つ会社に変えるのを支援した。1861年に、彼は独自の販売方法を始めた。彼は商品のカタログを全国に配布し、人々が希望するアイテムをポストで注文出来るようにした。そして送られてきた注文を鉄道を使い発送した。これが世界で初めての通販事業であり、その後の小売業の本質を変えるアイデアであった

彼はヴィクトリア女王やヨーロッパの王室、フローレンス・ナイチンゲールなどの有名人に製品を発送した。彼はまた、米国や英国植民地へカーテンの輸出も開始した

もっとも売れた商品の一つは現代の寝袋の先駆けであるEuklisia Rugで、ロシア軍へ6万枚発送するなど世界中に販売した[7]。1880年には10万人以上の顧客を抱え、1887年には爵位を授与された

法律の目的と規定内容の概要

本法1条は、「この法律は、特定商取引を公正にし、及び購入者等が受けることのある損害の防止を図ることにより、購入者等の利益を保護し、あわせて商品等の流通及び役務の提供を適正かつ円滑にし、もつて国民経済の健全な発展に寄与すること」が同法の目的であるとしている。

本法は、業者と消費者との間における紛争が生じやすい取引を「特定商取引」と定義し、特定商取引に関する不公正な勧誘等を規制している。 また、同規制を実効的なものにするため、監督官庁に対して調査権限を与え、同規制に反した業者に対する行政処分(業務停止命令等)及び刑事罰についての規定も設けている。 これらに加えて、クーリング・オフ等、契約解除に関する特別な規定も設けている。

 

1970年代の日本においては、消費者需要の量的増大及び質的多様化が急速に進展するとともに、情報伝達及び交通輸送の手段が整備されたことによって販売業者間の競争が激化し、多くの販売業者が、店舗外での販売による顧客獲得を目指して活動した。 しかし、訪問販売及び通信販売という新しい販売方法に関して、業界内での倫理が確立されておらず、消費者も、そうした販売方法に不慣れである上、販売業者と消費者との接触がその場限りに留まることが多く、事後的な紛争解決が困難であるという事情が重なり、販売業者と消費者との間における紛争が増加していた。

また、日本においては、1960年代後半から、悪質なマルチ商法が社会問題化していた。

通信販売の定義・種類

通信販売業を規制する、特定商取引に関する法律(特定商取引法、旧訪問販売法)での通信販売の定義は

販売業者又は役務提供事業者が郵便等(郵便、電話フアクシミリ、電報、郵便振替、銀行振込など)により
売買契約又は役務提供契約の申込みを受けて行う商品若しくは指定権利[1]の販売または役務の提供

となっている。

なお、一般的な意味の通信販売において、事業者・消費者双方が用いる媒体は以下のとおりとなる。