買い物難民

買い物難民(かいものなんみん)とは、従来型の商店街や駅前スーパーといった店舗が閉店することで、その地域の住民が生活用品などの購入に困るという社会問題、またはその被害を受けた人々を指す言葉。「難民」という言葉に対して買い物弱者という言葉を使うケースもある(主に行政機関の公式サイト公文書などで使われることが多い。

 

商店街中核店舗・大型施設の喪失
  • 集客要因となる施設の建て替えによる(下記の理由も絡む)移転・郊外化。
    • 不況や採算悪化、経営戦略上の統廃合、その他の理由による大規模店(スーパー、百貨店など)や地元スーパー店舗の撤退。
    • 近隣にある公共施設、病院などの郊外化。などが挙げられる。

大規模店進出に関して中小・個人商店への保護を図った[3]大規模小売店舗法2000年6月に廃止された。全国商店街振興組合連合会(全振連)に加盟する商店街の店舗数は、2009年平成21年)3月末で11万0,961店となり、最盛時の1997年(平成9年)に比べて約4万2,000店、商店街数自体も400か所近く減少しており、商店街の「シャッター通り」化や、なじみの店の消失は、高齢者などの軽自動車を持たない交通弱者に特に影響を与えている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です